来月は雛祭りですね。私、ひな祭りって大好きなんです。小さいときから雛人形を飾るのをいつも楽しみにしていまして、母と姉と一緒に飾り付けをしていました。
そもそもの話ですが、皆さん雛人形のことってご存知ですか?実は意外と知っている方って少ないんですよね。雛人形とか五月人形の歴史っていうのが実はあるんですよね。そういうのを知るのも楽しいかもしれません。
よく聞く迷信と言えばこれですよね。雛人形を早くしまわなかったら婚期が遅くなるという迷信です。いま考えると笑えますよね。子どもの頃はちゃーんと信じていた話です。母に早くしまおうよ!なんて言って大騒ぎしていた気がします。 やっぱりそんな話があると、迷信とわかってはいても早く雛人形をしまわないと!と思うものです。むしろそれが風習ですよね。特にしまうべき吉日があるわけではありませんが、飾りっぱなしにしておくくらいなら、早めに片付けるべきでしょう。 なので、娘が可愛い気持ちは分かりますが、お父様!お嫁に早く行ってほしくないという気持ちは分かりますが、雛人形を飾ったままにしておくのはよくありませんよ!(笑)
さて、雛人形の本題に入りましょう。雛人形の由来のお話です。まずは雛人形の発起です。上巳(じょうし)の節句という中国の文化が日本へ渡来したことがはじまりのようです。3月3日にその上巳の節句が行われる習慣になったみたいです。その節句は、体を清める儀式みたいな感じだったようです。岩槻 雛人形 口コミ
ホラ!案外知らないでしょう?毎年全国的にお祝いしている恒例の行事なのに実は・・・という話の一つですね。 宮中の結婚式をイメージして雛飾りが造られたことは有名ですよね。天皇がお内裏様、皇后がお雛様ですね。つまり旦那さんとお嫁さんです。 意外にもメーカーによって飾られる人形が違ったりするらしいですが、下の段に飾られる人形は宮中に仕える女官たちをイメージしたものです。
ついでに、有名な生産地と言えば埼玉県さいたま市岩槻区ですよね。岩槻というキーワードで第一に浮かぶ方が多いと思います。そのほか小規模にも栃木県佐野市や埼玉県鴻巣市が生産地と挙げられるようです。 私自身、娘ができたら岩槻へ行って、これだ!と思う雛人形を見つけたいと思っています。雛人形は嫁入り道具としても受けつがれるものです。 私には姉がいまして、その姉に女の子が生まれたので、我が家の雛人形はその姪っ子に渡りました。娘が私にできたなら、そのときは私自身で雛人形を選びたいと思います。
幼い頃なんて当然、こんな雛人形の由来や歴史なんて知る由もなかったですが、ただただお雛様は好きなイベントでしたね。見てるのも飾るのも楽しかったです。一つふと思いましたが、雛人形って、みんな粗末に扱わないですよね。他のお人形と同じ扱いをしませんよね。神々しい何かを感じてたのかな。子どもなのに。

ノーローン
登山用品 キャンプ用品 アウトドア用品 ハンモック
岩槻 五月人形
五月人形
五月人形
五月人形 通販
五月人形 人気
オリジナルTシャツ
アートフラワー ブーケ

Blog Home